セルフマネジメント

【もう悩まない】結婚生活を円滑にさせる”シンプルルール”とは

2020年8月4日

Rules
お悩み中の主婦

・結婚したいけど、最近ケンカ多いなぁ?
・結婚してからケンカ増えたな
・そういうのに時間取られたくないなぁ
・何か良い方法ないかなぁ?

今回はこんな悩みに答えていこうと思います。

本記事を読むと以下のようなことが得られます(∩´∀`)∩

この記事を読むとどうなるか

・ケンカの頻度が劇的に減る

・一日で効果が出る方法を知れる

本記事の信頼性

ドナルド,サル/キャスリーン,アイゼンハート著;戸塚隆将監訳(2015)『SIMPLE RULES「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』三笠書房
マッテオ,モッテルリーニ著;泉典子訳(2009)『世界は感情で動く 行動経済学からみる脳のトラップ』紀伊國屋書店
ダニエル,カーネマン著;村井章子訳(2014)『ファスト&スロー あなたの意志はどのように決まるか?(上下)』早川書房

1. ” シンプルルール ” とは

” シンプルルール ” とは

簡単に言うと
「自分の中にルールを決めて、あらゆることに対する対応策を決めておくこと」です。

シンプルルールは下記の4つルール(正確には6つですが、実践で効果のあった4つを紹介します)の総称です。

では、さっそく見ていきましょう。

2. “シンプルルール” を効果的にする「4つのルール」

“シンプルルール” を効果的にする「4つのルール」

先に4つのルールの名前を紹介します。

ルールその① “ 境界線ルール ”
ルールその② “ 優先順位ルール ”
ルールその③ “ 停止ルール ”
ルールその④ “ コーディネーション・ルール ”

では、この順番で説明していきます。

2-1. ルールその① “ 境界線ルール ”

「境界線ルール」は約束を守る際に使うと効果抜群なルールです。

内容は以下の通り

・もし~であれば~する。
・もし~でなければ~する。

これは「If thenルール」とも呼ばれています。

これを結婚・同棲生活に落とし込むと

具体例
「もしご飯を炊く約束をしたら、受け取った瞬間に炊き始める」
「もし相手が約束をやぶったら、同じことを3回まで頼んでみる。」
「もし捨てたい物があれば、一度相手に相談してみる。」

こんな感じになります。

トラブルは家庭によって変わってくると思いますので

「もし~であれば~する。」の「~」の部分を変更して、書き出してみて下さい。

2-2. ルールその② “ 優先順位ルール ”

「優先順位ルール」は、一度に多くの仕事を抱えたときに効果を発揮します。

具体例
「晩御飯は相手の好みに合わせて作る」
「掃除は自分の部屋を先に終わらせる」
「仕事よりも家事を先に終わらせる」

ここも各ご家庭で起こる問題は変わってきますので
今までにあったことや、これから起こるであろう事象を書きだしてみて下さい。

2-3. ルールその③ “ 停止ルール ”

「停止ルール」は、相手の失敗が自分にとっても悪い事だったときに役立ちます。

例えばこんな経験はありませんか?

相手に「今日帰りが遅くなるから、ご飯炊いておくの頼んでいい?」とメールを送り「いいよー」と返信が来たにも関わらず、帰ってみたらテレビを見て爆笑してた

みたいなプッツンポイント。
経験だけでなく、見たことある方も多いのではないでしょうか

しかも、それが何回も続く。イライラしほうだいですね。。。

境界線ルールでもお話しましたが

一度失敗したことは二回以上失敗するものです。

なので相手が忘れた時、失敗した際に「何回までは同じことを頼んでみる」

という“ 停止ルール ”を設けると、余計なストレスを感じることはありません。

2-4. ルールその④ “ コーディネーション・ルール ”

これは集団行動をとるときに効果的なルールです。

もしこれが出来ていないと「なんで自分だけやってるの?」「ちょっとぐらい協力しろよ!」となり、ケンカが起こること間違いなしです。

しかし、このルールを決めていると、そんな煩わしいケンカはほとんど起きませんので、ぜひ参考にしてみて下さい。

具体例はこちら

具体例
「一人が食事の準備を始めたら、みんなが協力する」
「誰かが掃除を始めたら、邪魔にならないように荷物をどける」
「雨が降ってきたら、洗濯物を入れる人、雨戸を閉める人に分かれる」

僕は結婚していないのですが
両親を見ていると、だいたい上記のようなことが起こります。

多くの研究で、協力の無いグループと協力のあるグループとでは、親密度や幸福度は約67%の差があることが分かっています。

一例はこちら

井梅由美子、藤後悦子(2014)「成人期女性の対人関係のトラブルとストレスー子育て期の子供を介して対人関係に着目してー」東京未来大学紀要2014 vol.7

これは、具体的な数値を知らなくても、周知の事実ですよね。

このルールには試してみる価値が十分にあると断言できます。

3. 本記事のまとめ

今回は「【もう悩まない】結婚生活を円滑にさせる”シンプルルール”とは」というテーマでお話しました。

ルールは以下の通り

ルールその① “ 境界線ルール ”
ルールその② “ 優先順位ルール ”
ルールその③ “ 停止ルール ”
ルールその④ “ コーディネーション・ルール ”

他にも同じような記事を書いている方がいるかと思います。
その方の記事も見ながら、” 自分達にあった方法 ” を探してみて下さい。
より良い成果を生み出せるはずです。

ここまで記事をご覧いただいて、ありがとうございました!

では
トモヤ(=^・・^=)

4. 本記事と合わせて読みたい本

仕事や家庭でトラブルを減らしたい人におすすめ
『SIMPLE RULES「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』

これは「自分は仕事が遅い」「時間がない」というような悩みを抱えている方にお勧めです。

簡単に要約すると
「自分の中にルールを決め、必要に応じて決められた行動をとる」これを具体的にどう決めればいいのかを学べる本です。

僕はもともと優柔不断なところがあり、何にでも考えすぎてしまう癖がありました。
しかし、ルールを決めてからはオロオロすることがなくなりました。

時間を大幅に削減することが出来るので、将来のために見てみる価値は十分すぎる一冊です。

-セルフマネジメント

© 2020 内気な猫 Blog Powered by AFFINGER5